/

米比国防トップ電話協議 南シナ海の中国船停泊に懸念

フィリピンのロレンザーナ国防相は、南シナ海に停泊する中国船へ「即時退去」を要求し続けている=ロイター

【マニラ=志賀優一】フィリピンのロレンザーナ国防相と米国のオースティン国防長官が11日、電話協議した。南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のサンゴ礁周辺で中国船が停泊を続けている現状に懸念を示すとともに、米比合同軍事演習の再開にも意欲を示した。

フィリピン国防省が同日発表した。南沙諸島を巡ってはフィリピン政府が排他的経済水域(EEZ)と主張する海域に、3月上旬から中国船が停泊を続けている。比政府は即時に退去するよう要求しているが、解決していない。4月9日にはロクシン比外相とブリンケン米国務長官がこの問題について電話協議していた。

米比の合同軍事演習「バリカタン」は定例で実施してきたが、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止した。ロレンザーナ氏とオースティン氏が再開する姿勢を見せることで両国の連携体制を示し、中国をけん制した。

オースティン氏はフィリピンでの米軍の活動を認める「訪問軍地位協定(VFA)」の継続も求めた。VFAは両国間の軍事同盟に実効性を持たせる重要な協定だが、20年にフィリピン側から破棄すると通告し、その後は保留となっている。ロレンザーナ氏は最終的な決定権を持つドゥテルテ大統領と話し合うと約束した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン