/

この記事は会員限定です

正恩体制10年、独裁強化へ 外交軽視し軍事に集中

(更新) [有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮労働党大会が10日、金正恩(キム・ジョンウン)氏を総書記に選出した。今年は正恩氏が最高指導者の地位を継いで10年目を迎える。独裁統治の基盤を固めるため、祖父の金日成、父の金正日両氏が使った呼称を復活させ、党の掌握を強める考えとみられる。

朝鮮中央通信が報じた党大会の決定書は、金正恩氏の礼賛にあふれた。「天才的な英知と崇高な風貌を持つ卓越した指導者」「非凡な外交知略で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン