/

ロシアで航空機墜落、16人死亡 エンジン故障か

【モスクワ=共同】ロシア中部タタルスタン共和国のメンゼリンスクで10日、航空機が墜落した。乗員2人のほか、落下傘降下をする人々20人が搭乗しており、16人が死亡、6人が負傷した。ロシアメディアが伝えた。共和国のミンニハノフ大統領によると、離陸後間もなく、高度70メートルでエンジンの一つが故障し、緊急着陸を試みていた。

同機は旧チェコスロバキアの会社が開発したL-410で、軍関連組織が運用していた。インタファクス通信によると1987年製。定員超過だったとの情報もある。

ロシアでは7月、極東カムチャツカ半島でアントノフ26旅客機が墜落、乗客乗員28人が全員死亡した。その後も同型機が墜落するなど航空事故が多発している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン