/

この記事は会員限定です

中国消費者物価、2カ月ぶり上昇 12月0.2%

食品以外は停滞 家計の購買意欲高まらず

(更新) [有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国国家統計局が11日発表した2020年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月を0.2%上回った。11月に約11年ぶりの下落に転じたが、2カ月ぶりに上昇した。ただ主因は生鮮野菜など食品の値上がりで、日用品やサービスの物価上昇圧力は弱い。所得の持ち直しペースが鈍く、家計の購買意欲は高まっていない。

食品価格は1.2%上昇した。天候要因などで野菜などが値上がりし、全体のCPIを0...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン