/

この記事は会員限定です

中国の探査機、火星の軌道入り成功

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の国家宇宙局は10日、初の火星探査機「天問1号」が火星の周回軌道に入ることに成功したと発表した。5、6月に着陸を計画している。これまでに米国だけが成功した火星での軟着陸と探査を実現し、「宇宙強国」をアピールする狙いだ。 

天問1号は2020年7月に大型ロケット「長征5号」に搭載されて海南省の文昌宇宙発射場から打ち上げられた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン