/

韓国与党候補、日本に警戒心 「友邦国家なのか?」

【ソウル=恩地洋介】韓国与党「共に民主党」の大統領候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は10日の討論会で、日韓が領有権を主張する島根県の竹島(韓国名・独島)問題に絡み、日本への警戒心をあらわにした。「日本はいつでも信用できる友邦国家なのか」と述べ、安全保障連携を深めることに慎重な姿勢を示した。

李氏は韓国の記者から、日米韓の安保協力を同盟に引き上げることの是非を問われ「日本が領土問題や過去の(朝鮮半島への)侵攻に曖昧な態度を取っている点を考慮すると、日米韓の軍事同盟は極めて危険だと考える」と答えた。3カ国の軍事同盟構想は保守系野党の一部にある。

日本を警戒する理由に竹島問題を挙げ「日本はなぜ問題を提起するのか。今すぐではないが、いつか(朝鮮半島進出の)仕掛け線とするのではないかという疑念を持っている」と述べた。

米中対立への対応に関しては、米韓同盟を基本としつつ、中国との関係にも配慮が必要との認識を示した。中国が撤去を求める米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の追加配備には反対した。

保守系最大野党「国民の力」の大統領候補に選ばれた尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長は、公約で日米韓の安保協力を重視する考えを示している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン