/

この記事は会員限定です

アジア開銀、ミャンマーへの資金拠出停止 インフラ開発遅延へ

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】アジア開発銀行(ADB)は10日、ミャンマー国軍によるクーデターを受け、同国政府との事業への資金拠出や新規案件の契約を一時停止したと発表した。世界銀行も2月、同様の措置を国軍に通告しており、ミャンマーのインフラ開発は停滞しそうだ。

ADBは「ミャンマーの状況、とりわけ人命が失われたことに深刻な懸念を抱いている」とする声明を発表した。ADBは、ミャンマー政府に2019年だけで2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン