/

この記事は会員限定です

中国の東シナ海休漁明け、日本政府が尖閣警戒強める

[有料会員限定]

中国が東シナ海で設けた休漁期間が16日正午(日本時間午後1時)に明ける。中国南部の福建省や浙江省の漁港では東シナ海への出漁準備が進む。尖閣諸島周辺の海域に中国漁船がどれだけ向かうのか。日本政府も警戒を強める。

北京にある在中国日本大使館は7月末、日本の尖閣周辺の領海内で漁業をしないように中国当局が指導すべきだと中国外務省に申し入れをした。中国漁船が尖閣周辺の領海で違法操業し、日本政府が退去警告を出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン