/

この記事は会員限定です

中国企業、重い債務返済 迫る社債償還230兆円

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【上海=張勇祥】世界の社債市場で中国企業の債務問題に焦点が当たっている。景気対策の公共事業を手掛けてきた土木や建築で債務が膨らんできた。債務健全化を目指す政府は従来のように国有企業を支援しないとの見方から、外貨建て債に売り圧力がかかり上乗せ金利が上昇している。債務不履行が増える「ハードランディング(強行着陸)」となれば世界の市場を揺らしかねない。

中国企業が発行した社債のうち、2023年までの3年間に満期を迎える総額は2兆1400億ドル(230兆円超)に達する。18~20年の1.6倍の規模だ。債務の返済が重くのしかかる。

中国国有の不良債権受け皿会社、中国華融資産管理が存続をかけた資金繰り対策に追われている。傘下企業が融資1億ドルの返済を8月末まで延長することで銀行と合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン