/

この記事は会員限定です

10月の中国新車販売9%減 半導体不足は改善 

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国汽車工業協会は10日、10月の新車販売台数が前年同月比9.4%減の233万3000台だったと発表した。6カ月連続で前年実績を下回ったがマイナス幅は5カ月ぶりに1ケタ台に縮小した。販売台数は2019年10月よりも増えたことから、同協会は「半導体不足はある程度改善してきた」との見方を示した。

乗用車の販売台数は5.0%減の200万台。半導体不足が続いているが、峠は越えたとの認識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン