/

WHO調査団、帰国へ 中国・武漢

4週間の活動終了、発生源の特定はできず

帰国前にあいさつを交わすWHOの国際調査団の専門家たち(10日、湖北省武漢市)

【武漢=渡辺伸】新型コロナウイルスの発生源を調べるために中国の湖北省武漢市に派遣された世界保健機関(WHO)の国際調査団が10日、4週間の活動を終えた。調査団は9日の記者会見で、ウイルスが人間に感染した経路として「動物から直接人間に感染」「中間宿主を経由」など4つの仮説をあげたが、特定はできなかった。WHOは今後も調査を進める方針だ。

米国のトランプ前政権が主張していた中国科学院武漢ウイルス研究所からのウイルス流出疑惑については「可能性はきわめて低い」としている。調査団の専門家たちは10日、車で宿泊先のホテルを出発し、空港に向かった。車の窓を開けて、記者団に「また会おう」と語りかける場面もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン