/

この記事は会員限定です

対インドネシア投資、中韓が台頭 日本の退潮鮮明

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】中国と韓国がインドネシアへの投資を増やしている。インドネシア投資調整庁によると、2020年の海外直接投資(FDI)は中国(香港含む)が前年比で11%増の84億ドル(約8820億円)、韓国は同64%増の18億ドルだった。これまで投資をけん引してきた日本は40%減の26億ドルと退潮傾向が鮮明だ。

20年のFDIはシンガポールが98億ドルで1位、中国と日本が2位、3位と続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン