/

この記事は会員限定です

中国・李首相、後継人事に焦点 習氏側近や元副首相浮上

経済政策の司令塔

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国の全国人民代表大会(全人代)が11日に閉幕し、1年後に退任する李克強(リー・クォーチャン)首相の後継レースが注目を集めている。習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)の側近か、距離のある能吏か。首相人事は異例の3期目入りが確実視される習指導部の権力構造を占うものとなる。

憲法の規定で、李氏が全人代閉幕後の記者会見に臨むのは今回が最後となる。11日「新型コロナウイルスがもた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン