/

中国外相、東南アジア訪問へ 11日から

中国の王毅国務委員兼外相=ロイター

【北京=共同】中国外務省は10日、王毅国務委員兼外相が11~16日の日程でミャンマー、インドネシア、ブルネイ、フィリピンを訪問すると発表した。国営通信の新華社が伝えた。

米国と対立する中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)への影響力拡大を図っており、米国でバイデン新政権が発足するのを前に南シナ海問題などについて話し合うとみられる。

王氏は4~9日にはアフリカ5カ国を訪問した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン