/

この記事は会員限定です

中国・滴滴が米上場へ 米中関係の試金石に

(更新) [有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国配車アプリ最大手、滴滴出行(ディディ)が米国に上場する手続きに入った。滴滴はアップルなど米企業も出資している。米金融界には高成長が期待できる中国企業への投資意欲が強い。ただ米中政府の対立は継続しており、滴滴の大型上場がバイデン米政権の金融分野での対中政策の試金石になる可能性がある。

滴滴は米証券取引委員会(SEC)に対し、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)上場に向けた申請...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン