/

サウジ・カタール間に直行便 11日に再開

【カイロ=共同】サウジアラビアの国営航空会社サウディアは9日、首都リヤドと西部ジッダからカタールの首都ドーハへの直行便を11日に再開すると明らかにした。2017年から約3年半続いた断交の解除を受けた対応。

カタール航空も9日、リヤドやジッダ、東部ダンマンへの直行便を11日から段階的に再開すると発表した。

サウジやアラブ首長国連邦(UAE)など4カ国は17年6月、イランとの接近や「テロ組織への支援」などを理由に一方的にカタールと断交した。その後、米国の仲介があり、今月5日に4カ国とカタールが和解に合意したとサウジの外相が発表。サウジとカタールは4日に国境を再開していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン