/

豪カジノ大手スター、クラウンに経営統合を提案

【シドニー=松本史】オーストラリアのカジノ大手、スター・エンターテインメント・グループは10日、同業大手クラウン・リゾートに対して経営統合を提案したと発表した。株式交換を主軸にしており、ロイター通信によると買収総額は8000億円規模になると想定している。

クラウンを巡っては米投資ファンドのブラックストーンが3月、買収に名乗りを上げており、争奪戦に発展する可能性がある。

スターはクラウンの株式1株に対し、自社の株式2.68株を割り当てると提示した。または、クラウンの発行済み株式25%を上限に1株12.5豪ドルの現金を支払う案も想定している。

スターのジョン・オニール会長は声明で「世界に通用する(スターとクラウン両社の)資産により、合併したグループはアジア太平洋地域で最も大きく魅力的な統合型リゾート(IR)の一つになる」と述べた。

一方、クラウンは10日、ブラックストーンが買収提案を修正し、提示額を1株当たり11.85豪ドル(約1000円)から12.35豪ドルに引き上げたと発表した。クラウンはスター、ブラックストーンいずれの提案に対しても「内容を精査する」と述べるにとどめた。

クラウンはメルボルンとパースでカジノを運営し、20年末にシドニーでも大型IR「クラウン・シドニー」を開業した。ただ、19年にメルボルンのカジノで資金洗浄(マネーロンダリング)の疑いが浮上し、監督当局がクラウン・シドニーのカジノ運営免許保有は「不適切」とした。現在、同施設は飲食店などカジノを除いた部分のみ営業している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン