/

この記事は会員限定です

[FT]債券市場を揺るがす英豪カナダの中央銀行

[有料会員限定]

先週、英イングランド銀行(中央銀行)が政策金利の据え置きを決定した際、市場には驚きが走った。その影響はたちまち英国債を越えて広がった。

利上げを見込んでいたトレーダーらが取引のポジションを解消するなかで、英国債が反騰(利回りは反落)した。それと同時に、ユーロ圏債券と米国債の利回りも大きく押し下げられた。

この一幕は、比較的規模の小さい一部の中央銀行が世界最大の債券市場の動きを左右するという異例の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン