/

この記事は会員限定です

[FT]大資本家主導の協議会にローマ教皇が異例のお墨付き

[有料会員限定]
Financial Times

ローマ教皇フランシスコは8日、有力な投資機関や企業、労働組合、財団による協議会の設立を支持する意向を示した。協議会は資本主義がもたらす社会や環境への悪影響の緩和を目的としている。

資本主義の見直しを支持

この「カウンシル・フォー・インクルーシブ・キャピタリズム(包摂的な資本主義のための協議会)」に参加するメンバーは、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の順守など、より公正かつ信頼性の高い経済シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン