/

金正恩氏、食糧問題の解決訴え 党総会が2日目会議

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、朝鮮労働党中央委員会総会の2日目の会議が9日に開かれたと伝えた。金正恩(キム・ジョンウン)総書記が農業の再建を訴え「人民の食糧問題を解決するため、いかなる対価を払ってでも必ず結実させなければならない国家の重大事だ」と強調した。

会議は3日目も続くとしている。金正恩氏は2日目の会議で、軍や軍需工業部門の課題、対外部門の活動方針も示した。具体的な内容は報じていないが、バイデン米政権の発足を踏まえた対米戦略に言及した可能性もある。

金正恩氏は経済政策について「今年の成果は経済指導機関の機能と役割に大きくかかっている」と述べ、内閣や非常設委員会の役割を強める方針を示した。経済分野の課題を報告した1日目の会議でも、経済指導機関の目標設定を「消極的で保身主義的な傾向」が表れたとして厳しく批判していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン