/

この記事は会員限定です

革新色強める韓国政治 日本との亀裂、修復描けず

[有料会員限定]

韓国の革新系与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)氏が9日、党代表を辞任した。次期大統領選への出馬準備だ。党の規定上、代表は備選に立候補できないからだ。大統領選まであと1年。国会でも多数を占める与党は、これまで以上に革新色の強い施策を繰り出している。

「対北朝鮮ビラ禁止法を世界が憂慮している」。保守系野党「国民の力」の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は2月下旬、2020年末に与党系の賛成多数で成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン