/

この記事は会員限定です

ウクライナ危機が促す「小国」シンガポールの首相選び

[有料会員限定]

【シンガポール=岩本健太郎】ロシアのウクライナ侵攻で国際情勢が緊迫し、大国のはざまで成長してきたシンガポールの次期首相選びに拍車がかかりそうだ。現職のリー・シェンロン氏は2月で70歳になった。2022年後半に開かれる見通しの与党の重要会議で後継者が浮上するとの見方がある。実際の禅譲は25年までに実施される総選挙の前後になりそうだ。

「国際関係が『力は正義』に基づくならば、シンガポールのような小国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン