/

ミャンマー軍事法廷、19人に死刑判決 国軍関係者を殺傷

9日、ヤンゴンで3本指を掲げてクーデターに抗議の意を示す人々=AP

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーの軍事法廷は同国の最大都市ヤンゴンで国軍関係者2人を殺傷したとして19人に死刑判決を言い渡した。国軍系テレビが9日夜、報じた。国軍が3月中旬に戒厳令を布告した地域で、被告は上訴できない。戒厳令下での死刑判決は初めてとみられる。

国軍系テレビによると、死刑判決は8日に下された。19人は国軍記念日の3月27日、ヤンゴンのノースオカラッパ地区で国軍関係者ら2人を刃物や棒で襲撃。1人を殺害、もう1人にけがを負わせ、バイクや銃器を強奪した。死刑判決が下された19人のうち、17人は逃亡中で指名手配されている。同地区では3月中旬から戒厳令が布告され、重罪については軍事法廷で裁くことが宣言された。

戒厳令下では上級裁判所への上訴は認められていないが、死刑判決の場合は国軍総司令官に、それ以外の場合は管区司令官に対し、判決破棄を申し立てることができる。ミャンマーでは従来、死刑判決が下されても実際の執行はされてない。

ミャンマーでは2月のクーデターに抗議する人々に対して治安部隊による武力弾圧が続いている。民間団体の政治犯支援協会(AAPP)によると、9日までに治安部隊の銃撃などで618人が死亡した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン