/

この記事は会員限定です

アリババ、東南アジアてこ入れ 通販ラザダに追加出資

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】中国ネット通販最大手のアリババ集団が東南アジアで攻勢に乗り出す。傘下の同業大手ラザダに12億9千万ドル(約1860億円)を追加出資。物流や決済などグループ会社との連携強化でシェア拡大を狙う。本国では通販事業が頭打ちとなり、当局による統制も強まる。成長余地が大きい東南アジア事業をてこ入れし、首位シーの牙城を突き崩す。

「過去数年間続いたカネ余りの環境が一変し、アリババから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン