/

この記事は会員限定です

マレーシア、KPMG社員に6千億円請求 1MDB汚職で

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】マレーシア政府は9日までに、政府系ファンド「1MDB」の汚職事件に関連し、国際会計事務所KPMGの幹部社員44人に対して計56億ドル(約6200億円)の賠償を求める訴訟を起こした。KPMGが1MDBの監査を担当していた2010~12年3月期に、同社社員の過失によって巨額の損失が生じたとして責任を追及する。

訴訟の原告にはマレーシア政府のほか、1MDBやその関連法人も加わっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン