/

この記事は会員限定です

中国恒大「一部デフォルト」 不動産、22年大量償還不安

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】格付け会社が9日、中国不動産大手、中国恒大集団を部分的な債務不履行(デフォルト)と認定し、投資家の間で中国不動産業界への警戒感が再燃する可能性がある。2022年には不動産会社が中国本土外で発行したオフショア社債だけで400億ドル(約4兆5千億円)程度の償還予定があり、デフォルトの不安が消えない。

9日の香港株式市場で恒大の株価は前日比4%高で取引を終えた。部分デフォルトが多くの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン