/

この記事は会員限定です

タイ・ユニオン、5年で2割増収目標 「規模より利益」

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ】ツナ缶世界最大手のタイ・ユニオン・グループは9日、2025年の売上高を1600億バーツ(約5440億円)と、20年に比べ約2割増やす計画を発表した。従来目標に比べ伸び率は下がるが、規模拡大より利益確保を重視するという。機能性食品や加工食品、代替たんぱく質などの新規事業に力を入れる。

従来は20年までに売上高を80億ドル(約8720億円)とする目標を掲げていたが、20年実績は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン