/

この記事は会員限定です

東南ア大手銀、DXで躍進 利益や時価総額が邦銀並みに

(更新) [有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】東南アジアの大手銀行がデジタル化をテコに、収益や顧客基盤を拡大している。シンガポールのDBSグループ・ホールディングスやインドネシアのバンク・セントラル・アジア(BCA)など上位行の時価総額は日本のメガバンクの一部を上回り、利益でも迫りつつある。邦銀が世界で加速するデジタル化の対応で劣後すれば、近い将来、逆転しそうだ。

「特に個人の資産運用部門の預かり資産が増え、手数料収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン