/

この記事は会員限定です

ネスレ、中国の人工肉工場を稼働

アジアで初、年内にも販売開始

[有料会員限定]

【北京=渡辺伸】食品世界最大手ネスレ(スイス)は9日、中国の天津市で生産ラインを設置し、同社としてはアジアで初めて植物由来の「人工肉」の生産を始めたと発表した。2020年12月下旬にも中国のネット通販で販売を開始する。普通の肉に比べてカロリーを抑えやすいのが利点。経済成長で健康に配慮する中国人の開拓をめざす。

「栄養があり、健康的で、おいしい商品を供給していく」。ネスレ中国のアルタグ・グバン上級副...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン