/

この記事は会員限定です

中国・天津、1400万人PCR検査 北京五輪控え厳戒

(更新) [有料会員限定]

【大連=渡辺伸、北京=多部田俊輔】中国の首都・北京市に隣接する天津市で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」が確認され、当局は全市民約1400万人にPCR検査を始めた。2月に北京冬季五輪を控え中国政府は厳戒態勢を敷くが、トヨタ自動車が工場を一時停止するなど影響は大きい。

「不要不急の場合、天津を離れないように」。天津市当局は市民に呼びかけた。同市では8日、感染力が強いオミクロン型の市中感染者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン