/

この記事は会員限定です

債券投資家「中国不動産、見えない債務にリスク」

マニュライフ・インベストメント・マネジメント ジュディ・クオク・チュン氏

[有料会員限定]

中国恒大集団の債務問題に世界の市場が揺れている。カナダのマニュライフ・グループは1996年に中国初の外資合弁生命保険会社を設立するなど中国ビジネスを積極的に展開してきた。同グループの資産運用を担うマニュライフ・インベストメント・マネジメントは中国債券の運用残高が63億ドル(約7200億円、2020年9月末時点)に達する。中国の不動産会社の債務問題の行方を、同社で中華圏の信用リスク分析の責任者を務め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン