/

この記事は会員限定です

中国、北京隣接の河北省省都、1000万人自宅待機 

米英も感染拡大とまらず

[有料会員限定]

世界で新型コロナウイルスの感染が再び拡大している。中国では北京市と隣接する河北省の省都、石家荘市が9日までに、感染拡大を防ぐため約1000万人いる市民の自宅待機に踏み切った。中国としてはこの冬初めての大規模事例となる。欧米諸国の経済が減速するなか、堅調なプラス成長を続ける中国にも感染再拡大の波が及べば、世界経済の先行きに影響を及ぼす可能性がある。

石家荘市は北京市の中心とおよそ300㌔㍍の距離で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン