/

香港紙創業者らに有罪判決 天安門追悼集会めぐり

【香港=木原雄士】香港の裁判所は9日、廃刊した香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏に無許可集会への参加を扇動した罪で有罪判決を言い渡した。集会は2020年6月4日に天安門事件の犠牲者を追悼するために行われたもので、当局は新型コロナウイルス対策を理由に禁止していた。

量刑は後日、宣告される。ほかに無許可集会への参加などで有罪判決を受けたのは、追悼集会を長年開いてきた団体元幹部の鄒幸彤氏と、元記者の何桂藍氏。

20年6月4日の集会をめぐっては民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏や羅冠聡(ネイサン・ロー)氏らが起訴され、黄氏は禁錮10月の実刑判決を受けた。黎氏は別の抗議活動で実刑判決を受けて服役中で、香港国家安全維持法(国安法)違反罪でも起訴されて裁判が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン