/

この記事は会員限定です

印アダニ、「インフラ王」狙う 空港や道路に7千億円投資

[有料会員限定]

インドの新興財閥アダニ・グループが2025年までに空港などのインフラ分野に5千億ルピー(約7千億円)を投じる方針を打ち出した。新型コロナウイルス禍でも地方の電力会社や港湾などの7社を相次ぎ買収。民間最大手である港湾からインフラ全般に事業領域を広げる。モディ政権との親密な関係が急成長の原動力になった一方、今後の足かせになる懸念も残る。

「(今後は)空港などの新規事業を大きく育てていく」。アダニの中核...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン