/

この記事は会員限定です

新型コロナの起源、解明長期化も 武漢でのWHO調査終了

[有料会員限定]

【武漢=渡辺伸、上海=張勇祥】新型コロナウイルスの発生源を調べるため中国の湖北省武漢市に派遣された世界保健機関(WHO)の調査団は9日記者会見を開き、ウイルスの起源の解明に向けて「さらなる研究が必要で、今後も継続していく」と述べた。ウイルスが人間に感染した経路として4つの仮説をあげたが、研究所からウイルスが流出した疑惑には「可能性は低い」と述べた。

記者会見でWHO側リーダーの研究者、ピーター・ベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン