/

この記事は会員限定です

金正恩氏「米国を屈服させる」 米首都射程に核高度化

バイデン新政権をけん制

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は開催中の第8回朝鮮労働党大会で「米国を屈服させる」と報告した。米首都を射程に収める核・ミサイルの開発を進める方針も示した。バイデン次期米政権の出方が読めないなか、米国や日韓の脅威となる軍事技術の向上を優先し、対米交渉能力を高める意図とみられる。

9日の朝鮮中央通信によると、金正恩氏は5~7日の会議で計9時間にわたり活動総括を読み上げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン