/

この記事は会員限定です

ソウルの漢江、空飛ぶタクシーの「高速道路」に

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ソウル市中心部を東西に流れる漢江(ハンガン)。この川幅約1キロメートルを"空の幹線道"と位置付ける空飛ぶタクシーの飛行実験が2020年11月に始まった。ソウル市と韓国の国土交通省が2人乗りの大型ドローンを試験飛行させたのだ。スピード重視で「まずやってみる」気質の韓国が、空飛ぶタクシー実用化に向けて動き出した。

「都心航空交通実証イベント」で使用したドローンは、中国メーカーの億航智能(イーハン)製の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン