/

この記事は会員限定です

中国消費者物価、11年ぶり下落 11月0.5%低下

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国国家統計局が9日発表した2020年11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月を0.5%下回った。09年10月(0.5%下落)以来、約11年ぶりの下落となった。今夏まで高騰していた豚肉など食品価格が下落に転じたことが主因だ。所得の回復が遅れるなか、食品以外のモノやサービスにもデフレ圧力がかかっている。

全体の伸び率が鈍化した主因は、食品の値上がりが落ち着いたことだ。10月は2....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン