/

この記事は会員限定です

文在寅政権、検察改革を強行へ 年内にも新捜査機関

法相側、総長解任を模索

(更新) [有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国の革新系与党「共に民主党」は近く国会本会議で、文在寅(ムン・ジェイン)政権がめざす検察改革法案の採決に踏み切る。成立すれば、検察に代わる独立捜査機関が年内にも発足する。一方、法務省は10日に懲戒委員会を開き、尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の解任を含む処分を決める方針だ。

与党は9日の本会議で「高位公職者犯罪捜査処」設置法改正案の採決を目指した。大統領や政治家、政府高官を捜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン