/

この記事は会員限定です

フィリピン財閥LTグループ、事業継承難航

たばこ増税、フィリピン航空破綻懸念も重荷

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】フィリピンでたばこなどを主力とする大手財閥LTグループが難路に直面している。創業者で会長のルシオ・タン氏は86歳を迎えたが、第2世代への事業継承は難航。足元では好調なたばこ事業は増税で市場の先細りは避けられそうにない。同氏がLTとは別に持つフィリピン航空が経営破綻する可能性も浮上するなど、グループの将来像は不透明さを増している。

LTグループは10月、ルシオ・タン会長の妻カルメン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン