/

この記事は会員限定です

TSMCがつくば市に拠点、半導体開発で日本勢にも恩恵

[有料会員限定]

半導体生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は9日、日本初となる本格的な開発拠点を茨城県つくば市に設立すると発表した。素材や製造装置で強みを持つ日本勢と連携する。日本の半導体関連産業にとっても最先端の製造技術を持つTSMCの進出メリットは大きい。国の競争力に直結する半導体で日台連携の動きが強まりそうだ。

TSMCは年内に全額出資子会社を設立する。投資額は186億円になる見込み。開発の重要性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン