/

吉利とルノーが合弁合意 中韓でハイブリッド車

ルノーは中国市場に再び力を入れる(2019年、上海)

【北京=多部田俊輔】中国民営自動車最大手の浙江吉利控股集団は9日、フランス自動車大手ルノーと中国、韓国でハイブリッド車の合弁事業に乗り出すことで合意したと発表した。ルノーは2020年に中国の主力合弁の解消を発表したが、世界最大の中国市場で再び力を入れる。

両社の覚書によると、中国ではルノーブランドのハイブリッド乗用車を製造販売する。新しい合弁会社への出資比率は明らかにしていないが、吉利が過半を出資する見通し。吉利がハイブリッド車の技術を提供し、同社グループの工場で製造するとみられる。

ルノーはブランド戦略や販売などに注力する。同社は20年に中国国有の東風汽車集団との乗用車の主力合弁の解消を発表し、中国市場では商用車と電気自動車(EV)に力を入れていた。

中国でのルノーブランド車の発売時期は明らかにしていない。吉利と傘下のボルボ・カーが共同開発する若者向けブランド「リンク・アンド・コー」を活用して開発期間を短縮するとみられる。2~3年内に発売する可能性がある。

中国政府は35年をめどにすべての乗用車を環境対応車にする方針で、EVが中心の新エネルギー車とハイブリッド車を半分ずつにする国家戦略を描く。ハイブリッド車の巨大市場を狙い、ルノーは吉利と共同で中国事業を再び伸ばす方針だ。

韓国事業ではリンク・アンド・コーのプラットホーム(車台)を活用し、韓国の消費者の嗜好に合わせた乗用車を投入する方向で調査を始めた。ルノーが出資するルノーサムスン自動車が苦戦しており、吉利との提携で開発費用を抑えて採算改善を狙うとみられる。

吉利は中国政府が進める「自動車強国」戦略を実行する自動車大手。李書福董事長は習近平(シー・ジンピン)国家主席とのつながりが深いとされる。10年に米フォード・モーターからボルボを買収。独ダイムラーの大株主ともなり、同社の高級小型車ブランド「スマート」を折半出資に切り替え、開発を進めている。

中国のインターネット大手、百度(バイドゥ)と連携し、同社のEV生産を請け負う方向で準備する。ルノーとの提携でも生産を担うことで規模の拡大をめざす。今回の合意ではアジア市場も対象としており、東南アジアなど海外事業を拡大する布石にもなるとの見方も出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン