/

視界不良の「メルケル後」 ドイツ与党、党首選へ

90秒でみる今週の海外ニュース

今週の海外ニュースの注目点を日経CNBC報道部長で国際部編集委員の高橋香織が動画解説します。

ドイツ与党、キリスト教民主同盟(CDU)は16日、党首選挙を開きます。メルケル首相は2021年9月の連邦議会選挙後に政界を引退する予定で、新党首が次の首相となる公算が高いとみられています。2005年の首相就任以来、欧州連合(EU)の結束をけん引してきたメルケル氏。ドイツの新しい指導者は今後のEUの対米、対中外交にも影響を及ぼしそうです。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン