/

この記事は会員限定です

アフガン、国土の7割に戦闘拡大 米軍撤収でタリバン攻勢

[有料会員限定]

アフガニスタンの治安が一段と悪化している。アフガン政府と反政府武装勢力タリバンの和平協議が停滞し、国土の約7割で双方の戦闘が起きているもようだ。駐留米軍の半分以上が撤収し、タリバンが武力で存在感を高めている。タリバンは国際テロ組織アルカイダとの関係も維持しているとみられ、アフガンが再びイスラム過激派などの活動拠点に転じる可能性もある。

アフガンを含む中東を管轄する米中央軍は8日、アフガンからの撤収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン