/

この記事は会員限定です

シンガポール、与党の長期安定支配に揺らぎ

リー首相の後継候補、突然の辞退表明

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】次の首相就任が確実視されていたシンガポールのヘン・スイキャット副首相兼財務相が8日、突然後継を辞退すると表明した。与党・人民行動党(PAP)は2020年7月の総選挙でも得票率が過去最低に近い水準に低迷するなど、かつては盤石だった政権運営に揺らぎが生じていた。国民の信任を得られる次のリーダーを早急に選ばなければ、与党離れが一段と進みかねない。

「私は今年、60歳になる。より...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン