/

この記事は会員限定です

李在明氏、理念より現実の実用主義者 韓国大統領候補

[有料会員限定]

【ソウル=鈴木壮太郎】革新系与党「共に民主党」の大統領候補に決まった李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は理念より現実を重視する「実用主義者」を標榜する。国民に一律、一定額を支出するベーシックインカム(最低所得保障)など格差是正をめざす公約の原点には、学校に通えず工場で働いた少年時代の貧困がある。

「私は不可能な約束はせず、一度掲げた公約は必ず守ってきた。城南市長、京畿道知事の在任期間、公約履行率9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン