/

この記事は会員限定です

ミャンマーに電気バス構想 先端技術に憧れる総司令官

アジアVIEW

[有料会員限定]

ミャンマーの最大都市ヤンゴンの行政を担うヤンゴン市開発委員会は7月下旬、国営紙を通じ、電気バスの路線と充電ステーションを整備する構想を明らかにした。具体的な経路や導入時期は示していないが、バス停や商業施設など、充電設備を設置する場所についての調査結果が「国家電気自動車関連産業開発運営委員会」に示されたという。

ミャンマーでなぜ電気自動車や電気バスなのか。2021年2月1日のクーデターで全権を掌握...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン