/

中国、トリップアドバイザーなどのアプリ排除

【北京=多部田俊輔】中国の国家インターネット情報弁公室は8日、米旅行サイトのトリップアドバイザーを含むスマートフォンのアプリ105種類を排除したと発表した。暴力、詐欺などの違法な情報やサービスを提供したための措置としているが、米国の中国企業排除の対抗措置との見方も出ている。

トリップアドバイザーなどが排除の対象となった=ロイター

インターネット安全法(サイバーセキュリティー法)などに基づいて11月から取り締まりを行っており、105種類のアプリのダウンロードなどをできないようにした。多くは中国のアプリで交流サイトや小説などを提供している。

中国メディアによると、トリップアドバイザーが排除対象となった背景には、(投稿などの)掲載内容のチェックに問題があるといい、当局の指摘に沿って管理体制を強化するとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン