/

この記事は会員限定です

中国、インフラに個人資金 高速道路など向けREIT上場

地方政府の債務膨張、救済狙う

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国は国内の高速道路などを対象とする「インフラREIT(不動産投資信託)」の上場に向けて準備に入った。地方政府や国有企業の債務問題が深刻になるなか、公共事業に必要な資金を機関投資家や個人から調達して財務基盤の安定を側面支援する。資産規模を5兆元(約83兆円)まで育成する構想がある一方、収益が安定した優良なインフラ案件は限られるなど課題は多い。

中国証券監督管理委員会(証監会)はこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン