/

この記事は会員限定です

中国外相、ベトナムの対米傾斜警戒 東南ア・韓国歴訪

(更新) [有料会員限定]

【北京=羽田野主、ハノイ=大西智也】中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は10日、ベトナムを訪問した。15日までの日程でシンガポール、カンボジアを含む東南アジア3カ国と韓国を歴訪する。バイデン米政権の高官が8月までに相次ぎ訪れたベトナムを重視し、影響力の維持を狙う。

王氏は2020年10月、21年1月にも東南アジア各国を訪れた。新型コロナワクチンの提供を表明する「ワクチン外交」を展開したが、東南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン